北野白梅町界隈

   達磨寺  大将軍商店街

成願寺



フォトギャラリー<京都>


中川せんせ写真集HOME


表紙へ戻ります

仏閣の部表紙

フォトギャラリー 京都
中川せんせ写真集

中川せんせ写真集<京都>

最新更新日 2012.4.18


<椿寺のいわれ>

  開創縁起

 神亀三年(726年)、聖武天皇の勅願により、行基が昆陽池のほとりに建立し、地蔵院と号したのが始まりで、その後、平安時代に、衣笠山の南に移されたが、室町時代の明徳二年(1391年)、内野の合戦で焼失。足利義光が、金閣造営の余材で、仮堂を建て、地蔵菩薩を奉納した。天正十七年(1589年)、豊臣秀吉の命により、現在地に移り、今に至る。

  地蔵さん

 この院のもとの本尊の地蔵菩薩がまつられている。高さ六尺、乾漆の立像で、安産守護の地蔵として霊験あらたかだといいます。鍬形地蔵、木納屋の地蔵ともいいます。

  観音さん

 高あ5尺三寸、木製立像の十一面観音菩薩で、平安時代前期、慈覚大師の作と伝えられています。
洛陽三十三か所観音霊場第三十番札所。

  五色八重散椿

 加藤清正が、豊臣秀吉に献上したものを、秀吉が北野大茶会の縁から、この院に献木したもので、五色に咲き分け、花びらが一片一片散るのが特色だ、と書かれている。

  中川せんせ、2009.6.9 記入



地蔵院/椿寺 北区一条通西大路東入



2012.4.16


2012.4.16


2012.4.16


2012.4.16


2012.4.16


2007.8.24


地蔵菩薩像 2007.9.21


地蔵菩薩像 2007.9.21


十一面観音菩薩像 2008.5.7


十一面観音菩薩像 2007.9.21


十一面観音菩薩像 2007.8.24


十一面観音菩薩像 2007.9.21


地蔵堂 2008.5.7


2007.10.21


2007.10.21


2009.8.13


2009.8.13


椿 2009.3.30


2010.4.3


2010.4.3


2009.3.30


2010.4.3
























































































































































































































































































































































































































































































































































inserted by FC2 system